iPhone初代~4

初代iPhoneは2007年1月の「Macworld Expo 2007」で発表され、6月にアメリカで発売されました。スティーブ・ジョブズ氏が行ったiPhoneのプレゼンは歴史に残る名プレゼンとして語られています。タッチスクリーン、マルチメディアに対応した今までにない電話に注目が集まりました。しかし初代iPhoneは日本では発売されませんでした。

2008年に世界22カ国でiPhone3Gが発売されます。3G通信、GPS搭載など当時の新しい機能にも対応しています。カラーもブラックとホワイトの2種類が発売されました。しかし世界的な不況となるリーマン・ショックがあり、iPhone最新作ですが注目度は低い結果となりました。2009年にはiPhone3GSが発売されました。iPhone3Gよりも処理能力がアップしたモデルとして注目を集めました。3GSの「S」はSpeedのSです。コンパス機能も追加されています。当時日本では一社が独占販売をしていましたから、その一社は飛躍的にユーザー数を伸ばしました。

2010年に発売されたiPhone4は両面ガラスという斬新なデザインが話題でした。外見だけではなくメモリは3GSの倍、容量も従来の8GB、16GBに加えて32GBが登場しました。画像の鮮明さも従来機種から大きく向上しています。